top of page

乳がん症例実績

-がん免疫療法の治療症例-

​乳がん症例1

乳癌 肺・脊椎肋骨多発転移(StageⅣ)

診断時で既に治療開始前の状態。殺細胞剤の使用に関しては患者本人が副作用を懸念し拒否。3か月の治療で多発縦郭リンパ節と多発腰椎転移が著明に縮小し、腰痛も消失した(〇の部分)。

case_arrow.png

【免疫治療前】

【3か月後】

bottom of page