top of page

永井院長が東海大学にて開催された「コロナの免疫学」研修会で講演致しました

日頃は銀座鳳凰クリニックを御利用いただきましてありがとうございます。

この度、東海大学大学院人間環境学研究科にて7月26日にオンラインで、FD研修会「ポストコロナの免疫学入門~私たちは、どうやって自己免疫力を高め、ウェルビーイングを得られるか~」を開催されました。新型コロナの5類感染症移行でコロナ禍以前の状態に戻りつつある一方、厚生労働省や各都道府県からの情報が減少する中、学内外で新規感染者が継続的に発生しています。さらに、インフルエンザやはしか、ヘルパンギーナといった感染症が流行するなど、教育実践、研究指導における感染症対策が必要な状況にあります。今回の研修会では、当院の永井院長(本研究科客員准教授)が講師を務め、感染症の現状や自己免疫力を高める手段について紹介いたしました。

詳細は東海大学のホームページにてご確認いただけます。

https://www.u-tokai.ac.jp/ud-humanities-and-culture/news/4944/

91fa9b83896369cd736b0779cbcdfdd8.jpg.webp
135f433fbb3601b2ea330b9a56659722.jpg.webp

​当院永井院長講演

bottom of page